Finnair Doubles the Number of Tokyo Flights

From the beginning of December, Finnair will increase the number of flights on its Tokyo service. There will be four return flights between Tokyo and Helsinki instead of the present two. The Airbus A340-300 aircraft will be used on the route.

The flights will operate from Tokyo to Helsinki on Monday, Wednesday, Friday and Sunday and from Helsinki to Tokyo on Tuesday, Thursday, Saturday and Sunday.

Japan is served by two Finnair flights nearly every day. In addition to Tokyo, the company flies to Osaka six times a week until the end of October and three times a week to Nagoya. Finnair is the only airline that flies from Northern Europe to all of Japan's three most important cities. With additional flights planned for next spring, Finland will become the third largest Western airline operating between Europe and Japan.

Finnair has been flying to Japan since 1983. The flights have had Japanese-speaking cabin service staff from the very beginning. Finnair has recently been rated by Japanese customers as their favourite Western airline, in a survey conducted by AB-ROAD Magazine, the country's most reputable travel magazine.

Fore more about Finnair:    in English     in Japanese



フィンランド航空、成田−ヘルシンキ線を週4便に増便

フィンランド航空は、2006年12月4日(ヘルシンキ発12月3日)より成田−ヘルシンキ線を現行の週2便から週4便への増便を予定しています。(政府認可申請中)
これにより冬期12月から日本からフィンランドへの直行便は、名古屋、関空便とあわせて週11便となります。運航日は、成田発が月・水・金・日曜日、ヘルシンキ発が火・木・土・日曜日。使用機材は新規導入機材であるエアバスA340-300型機を予定しています。

フィンランド航空は、日本に就航するヨーロッパ系エアラインの中でも特にアジア路線を重視したネットワーク展開を行っており、現在は東京、名古屋、大阪(計週11便)、北京、上海、香港、広州(計週23便)、シンガポール(週7便)、バンコク(週7便)に就航しています。今後、新たにデリー、クアラルンプールの2路線が加わり、来春には計11都市への就航となる見込みです。また、日本路線においては、2007年夏期、成田4便、名古屋4便、関空7便の週15便とする予定であり、ヨーロッパ系エアラインの中でもフライト数において第3位となります。1983年の日本初就航以来、日本人キャビンアテンダントをはじめとするスタッフのホスピタリティあふれるサービスと安全性には定評があり、旅行雑誌AB-ROADの最新調査では「日本人の好きなエアライン」のトップクラスにランクされています。アジアネットワークとともに、ヨーロッパ域内の路線拡充にも意欲的に取り組み、アジアとヨーロッパを結ぶエアラインとして常にサービスと利便性の向上に努めています。

フィンランド航空について:   日本語      in English
© Finnair & FCCJ