FCCJについて 


 サービス 


 会員メリット 


 組織  


 メンバー・リスト 


 お問い合わせ 




 イベント  | Eメール報告  | ニュースレター  | リポート  | 経済ニュース | 貿易統計  |  メンバー・リスト |  求人情報 


  FCCJの背景

日本とフィンランドの貿易には、長い伝統があります。1920年はじめ、日本の絹と陶器がすでにフィンランドで知られるようになり、 1930年には、パルプなどをはじめとするフィンランドの工業製品が日本へ輸入されはじめました。

フィンランドの林業生産物は、1960年代より輸入業者を通じて知られていましたが、1970年代最初にエンソ、そしてフィンパップ(合弁販売会社) が日本に支店を設立したことにより、フィンランドの製紙工業は日本での活動を盛んに行うようになりました。まもなくさらに多くの 企業が日本に支店や合弁会社を設立し始めました。今日では、約40ものフィンランド企業が日本に設立されています。

日本に進出してきたフィンランドのビジネスマンは、仲間同士で それぞれの経験やその他有用な情報を交換しあう場が必要であると 考えるようになりました。1980年代後半には、昼食会のような会合を通じて、フィンランド ビジネス エグゼクティブ クラブの活動 が始まりました。

この非公式な会合は、1992年にフィンランド ビジネス評議会(FBC)に改組されました。FBC内には独自の規約を定めてありますが、 これらには日本での公人としての資格はなく、このため、政府・官庁関係の事項に関わる発言や活動には自ずと限界がありました。 FBCはフィンランドが1995年にEUへの加盟と同時に、日本でのヨーロッパ ビジネス評議会(EBC)のメンバーとなりました。

EBC内における活動の為には 新たな人材と公人としての地位が必要となりました。これを機に、FBCを商工会議所に改組しようという 提案がなされました。この提案は支持され、1998年12月、FBCの年次総会において FCCJ(在日フィンランド商工会議所)の設立が正 式に承認されました。FCCJの主な目的のひとつは、フィンランドとのビジネスを進めている日本企業の参加を促すことにあります。


  FCCJ…その概要
−在日フィンランド商工会議所は1999年に設立され、通産省によって認可されました。フィンランド-日本間の貿易及び経済関係の発展をその主な目的としています。

−FCCJは、加盟企業による年会費で運営されている非営利団体で、刊行物を通じて、広報活動を行っています。

−加盟企業は、主に日本にあるフィンランド系企業、及びフィンランドとのビジネスを計画、実行している日本企業です。また、FCCJは、個人加盟も歓迎します。

関連リンク

  • 会員のメリット
  • 会員申請書


  • ©1999-2017 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
    Mail to Webmaster