FCCJについて 

 サービス 

 会員メリット 

 組織  

 メンバー 

 お問い合わせ 













最新版: 11月20日

 イベント  | Eメール報告  | ニュースレター  | リポート  | 経済ニュース | 貿易統計  | メンバー・リスト | 求人情報


 次のイベント
11月22日(水) 欧州商工会議所昼食会、小池東京都知事を迎えて
会場: ニューオータニホテル、鶴の間
詳細 >>
12月7日(木) 第25回スカンジナビアクリスマスパーティ
会場: ウェスティンホテル東京
参加費: 21,000円
詳細 >>

MORE EVENTS

EVENT ARCHIVE
 最新のニュース

 SCCJ対FCCJのゴルフコンペ、11月17日(金)
FCCJ,ストゥーラエンソカップを保持!


Stora Enso Japan's Tuomo Kuuppo (right) presents the trophy to FCCJ President Masaoki Fujita, Vice President Veli Solehmainen (individual winner) Atsushi Yamazaki (2nd best net) and Naota Kusumi(3rd best net).

第31回ストゥーラエンソカップ、SCCJ対FCCJのゴルフコンペが11月17日(金)千葉県にあるゴルフ倶楽部成田ハイツリーにて開催されました。晴天で少々温かな気候の中、ゴルファーはカラフルで美しいゴルフコースでのプレーを楽しみました。

今回は25名が参加(FCCJから17名、SCCJから8名)。注目すべきは参加者のうち14名が日本人であったということです。

前回の4月でもFCCJが勝利し、今回もFCCJがSCCJに大差で勝利。FCCJチームが89.6打、SCCJが92.1打でした。(チームのベスト80%の平均を計算)これまでの結果、FCCJは19勝、SCCJは12勝でFCCJが7勝多く勝っています。

個人のベストゴルファーはヴェリ・ソレフマイネン氏(FCCJ)でネット74(グロス94)。SCCJのベストゴルファーは森敬三氏でネット85.

このイベントのレポートは ココをクリック


11月1日(水)、FCCJ特別イベント
フィンランド独立100周年記念ビジネスレセプション
ユッカ・シウコサーリ大使とFCCJ会頭藤田正興氏が乾杯の音頭
フィンランド大使館及び在日フィンランド商工会議所(FCCJ)は、フィンランド独立100周年を祝し、フィンランド大使館においてビジネスレセプションを開催いたしました。

このレセプションは、ユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使の主催であり、フィンランドと日本のビジネス及び貿易関係の促進に焦点をあてることが目的でありました。参加者はリラックスした雰囲気の中、フィンランドから「We Love Finland」DJショーのエンターテイメントを楽しみ、そのショーではDJが大きなスクリーンを用い映像と共にフィンランドミュージック100年のプライムセレクションを案内いたしました。またフィンランドのドリンクやフィンランドスタイルの料理も楽しみました。

このイベントに170名のメンバーおよびゲスト、さらに大使館招待者が参加し、FCCJメンバー10社がこのイベントをサポートして下さいました。それらはフィンエアー、フィンツアー、エフセキュア、グランドハイヤット東京、MOS税理士法人、ノキア、Reaktor、ストゥーラエンソ、ヴァイサラ、およびバルチラです。

このイベントのレポートは ココをクリック

 10月31日(火)、 外国商工会議所ビジネス景況調査
'Healthy Growth both for the Economy and Businesses'
在日外国商工会議所は、2002年からビジネス景況アンケート調査を年2回実施している。今回は第32回目の調査であり、2017年10月18〜27日に実施され、17の在日外国商工会議所から243の有効的返答を受け取った。

この調査はフィンエアーおよびMOS税理士法人の支援によりFCCJが全てを計画実施している。

2016年秋季に始まった健全な成長は今回の調査でも引き続き見られ、前回2017年春の調査結果よりさらなる成長を示した。返答者は日本の経済に関してポジティブであり、この先6ヶ月見通しも成長を続けると期待しており、指数=−2(かなりの減少)から+2(かなりの成長)の数値において、現在+0.67(2017年春の調査では+0.40)であった。また、この先6ヶ月の販売見通しに関しても返答者は前回の4月の調査よりポジティブであり、数値は現在+0.93で2007年春の調査以来の数値であった(前回2017年春の調査は+0.87)。

全レポートに関しては ココをクリック

10月26日(木)、在日フランス商工会議所企画の合同イベント
第7回欧州合同ネットワーキングパーティー
10月26日(木)ネットワーキングイベントが開催され、14の欧州商工会議所および東京商工会議所からメンバー及びゲスト約220名が参加し、会場のANAインターコンチネンタルホテル36階にありますMIXXバー&ラウンジからのすばらしい景色を見ながら、楽しいイブニングを過ごしました。

このイベントにおいて、参加者は新しい交流の場を得て、ビジネスのきっかけを進展させたり友人やビジネスパートナーとも情報交換したりする事が出来ました。このイベントではドリンクおよび美味しいブッフェが振る舞われました。

このイベントは在日フランス商工会議所が企画し、次の欧州商工会議所が協力しました。ドイツ、英国、フィンランド、オーストリア、ベルギー&ルクセンバーグ)、ノルウェー、オランダ、アイルランド、イタリア、アイスランド、スペイン、スイスおよびスウェーデン。また東京商工会議所もこのイベントに参加し、FCCJから8名が参加。

パーティーの写真は ココをクリック

 10月19日(木)、CLIC企画の合同ネットワークイベント
「ネスプレッソ - 究極のコーヒー体験で日本を征服する」
CLICは在日の9つの小規模なヨーロッパ商工会議所からなる組織で、参加するメンバー商工会議所のメンバー間でビジネスアイデアの交流ができるように革新的ネットワーキングイベントを企画することを目的としています。

第5回目のイベントは合同ネットワークイブニングで、ゲストスピーカーにアレクサンダー・シュネガー氏(ネスレネスプレッソ株式会社代表取締役社長)を迎え、彼は「日本でのネスプレッソ成功の秘密およびコーヒー市場の将来についての彼の見解」についてお話になりました。

このイベントには9つの商工会議所のメンバーおよびゲスト110名が参加し、興味深い彼のプレゼン、スイス料理やネットワーキングを楽しみました。

このイベントの詳細ココをクリック

10月6日(金)、 北米・ヨーロッパゴルフマッチ
第15回メルセデスベンツ・コールハ−ンカップはヨーロッパチームが優勝!
第15回ゴルフトーナメント、メルセデスベンツ・コールハーンカップが10月6日厚木国際カントリー倶楽部にて開催され、カール‐グスタブ・エークルンドしが率いるヨーロッパチームが昨年の優勝者の北米チームから優勝トロフィーを奪い返し優勝いたしました。競技はベスト80%の平均スコアを計算、ヨーロッパチーム は76.7打、北米チームは平均77.5打。これまでの優勝回数については北米チームが9回でヨーロッパチームの6回に勝っています。

最後に少々の雨は降りましたが秋空の中、このイベントにはこれまでの最多の157名が参加、ヨーロッパチームから76名、北米チームから81名が参加しました。その為、例年はショットガンスタートと呼ばれる1ホールごとに2グループが一斉にスタートするのですが今回4グループを増やし ロジスティックな挑戦でしたがプレーのペースは順調でスケジュール通りにプレーは終了しました。

このイベントにおいてFCCJの貢献度はかなり大きく、このイベントの企画においての大きな役割だけではなく参加者22名(157名のうち)であり、またヨーロッパチームの中でも最大の商工会議所でもありました。さらに量(人数)だけではなく質においても貢献し、ベストスコア20名中に4名もFCCJの参加者でした。

このイベントの詳細ココをクリック

8月25日(金)、FCCJ屋形船イベント
フィンエアーAY4159・FT4120 コードシェア(共同運航)クルーズ
FCCJは8月25日(金)、フィンエアーAY4159・フィンツアーFT4120 コードシェア(共同運航)クルーズという楽しいイベントで秋シーズンをスタートしました。

今年も屋形船を貸切り、浅草から出航し隅田川を下りお台場や東京スカイツリーを通り2時間半の遊覧。船内では、和食(天ぷら、刺身など)の食べ放題およびドリンクの飲み放題を楽しみました。また、浅草橋に戻る前にスポンサーからのくじ引きがありました。

このイベントはまだ暑い夏の天候の中、50名が参加。我々のスポンサー、フィンエアーおよびフィンツアーのサポートによりイベントが実現いたしました。

このイベントの詳細や写真は ココをクリック


FCCJ supports

Finnair supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ


MOS Tax Corporation supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

Coil Center Fujita  supports FCCJ





©1999-2017 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
Mail to Webmaster