FCCJについて 

 サービス 

 会員メリット 

 組織  

 メンバー 

 お問い合わせ 













最新版: 3月11日

 イベント  | Eメール報告  | ニュースレター  | リポート  | 経済ニュース | 貿易統計  | メンバー・リスト | 求人情報


 次のイベント
4月2日(火) FCCJ年次総会
時間: 17:00〜20:00
会場: フィンランド大使館、港区南麻布3-5-39
参加費: 無料・メンバーのみ
詳細 >>
4月10日(水) 北欧合同朝食会 フィンエアーCEOを迎えて
時間: 09:00〜10:30
会場: 帝国ホテル、欄の間、本館2階
詳細 >>

MORE EVENTS

EVENT ARCHIVE
 最新のニュース

 4月13日(金)、SCCJ対FCCJのゴルフコンペ
FCCJ,ストゥーラエンソカップを保持!
第34回ストゥーラエンソカップ、SCCJ対FCCJのゴルフコンペが4月15日(金)静岡県にある太平洋クラブ御殿場ウエストにて開催されました。参加者は、晴天で暖かな春の気候の中プレーができ、また多くのホールから富士山を見ることが出来ました。

今回は38名がコンペに参加(FCCJから17名、SCCJから21名−ゲスト3名を含む)、このうち28名が日本人でした。これはこれまでの最高で、7割。

今回はFCCJチームが5連続で優勝。SCCJチームにかなりの大差で勝利し、結果は平均スコア81.1打対83.7打でした。(チームのベスト80%の平均を計算)これまでの結果、FCCJが10回多く勝っており、22勝、SCCJが12勝。

個人の優勝者は菅原 洋明氏(FCCJ)ネットスコア65、さらにFCCJゴルフカップも獲得しました。またベストSCCJゴルファーでありSCCJスプリングカップの優勝者は宮路 伸彦氏で、ネットスコア73。

このイベントの結果は ココをクリック click here


3月7日(木)、FCCJ特別イベント
ムーミンバレーパークのプレオープニングツアー
北欧商工会議所の協力のもと、FCCJは埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパークのプレオープニングツアーを3月7日(木)に開催いたしました。ムーミンバレーパークはメッツアプロジェクトの第2段階であり公式オープンは3月16日です。第1段階はメッツアビレッジで昨年の11月10日にオープンいたしました。

30名の参加者の殆どが飯能駅に集合しタクシーで宮沢湖のムーミンバレーパークに向かいました。このパーク運営会社のムーミン物語会長であるロバート・ハースト氏が歓迎の言葉を述べ、施設を案内して下さいました。そこではムーミン達のプレゼンテーションも楽しむことができました。

このイベントの最後はメインレストラン「Lagom」でのディナー、そこで参加者のネットワーキングもできました。

このイベントの詳細はココをクリック

新しいFCCJの専務理事及びオフィス
FCCJの役員会は新しい専務理事にアンティ・クンナス氏を任命いたしました。彼はクラス・ビューステット氏の後任となります。ビューステット氏はFCCJに20年間勤務し、この3月31日をもって専務理事を退任いたします。

アンティ・クンナス氏は8年間日本に滞在したこともあり日本語は流暢であります。彼は3月1日からビューステット氏と共に1ヶ月間並行して仕事をし、スムーズな業務の引継ぎを行います。クンナス氏は2019年4月2日の年次総会後から専務理事の職に就きます。

新しい専務理事と共に、FCCJのオフィスはフィンランド大使館にあるフィンランドセンター内に移ります。これにより、FCCJはチームフィンランドパートナーである大使館、ビジネスフィンランド及びフィンランドセンターと今まで以上により親密に協力できるようになると確信します。


2月19日(水)
FCCJメンバーがミカ・リンティラ経済産業大臣と会う
フィンランドの経済産業大臣、ミカ・リンティラ氏がビジネス代表団で構成される19名の「チームフィンランド」を率いて、対日本への輸出、国際化促進のため、2月17〜20日の日程で来日しました。

リンティラ経済産業大臣のスケジュールは大変タイトで、彼は日本の大臣らとの面談、会社面会及び2つのビジネスセミナーに出席しました。さらに飯能市にあるムーミンバレーパークを視察し、2020年開催の東京オリンピックの為のフィンランド・パヴィリオン建設の記者発表会に参加しました。

この記者発表会の前に大臣および代表団はFCCJのフィンランド企業メンバーとミーティングを行いました。代表 団にはペトリ・ペルトネン政務次官、ヴィッレ・スキンナリ国会議員、マリ・ランキネンフィンランド外務省日本参事官が参加してくださいました。このミーティングではFCCJの会社代表らが日本において彼らのビジネスについて説明をし、その後大変アクティブな議論を交わしました。残念はがら、大臣が日経新聞のインタビューの為に終了することとなりました。

FCCJからの参加者は、副会頭のトゥオモ・クーッポ氏(ストゥーラエンソ株式会社)、永原範昭氏(フィンランド航空)、役員会メンバーのペッカ・ライティネン氏(ビジネスフィンランド)、アンナ-マリア・ウィリヤネン氏(フィンランドセンター)、メンバーのティモ・ヴァルハマ氏(ヴィジョンハンタース)及び小美濃貴行氏(ノキア)。


 1月30日(水)、FCCJクラブイブニング
FCCJ「新年会」
恒例のFCCJ新年会は今回、下目黒にありますFCCJオフィスにて開催されました。このオフィスはクラス・ビューステット専務理事の自宅オフィスであり、彼は今年度末(2019年3月31日)をもってリタイア致します。その後FCCJオフィスはフィンランド大使館内に移転致します。

28名の参加者は、FCCJオフィスがこの20年間いかに運営されたかを知るとともに、料理と沢山のドリンク、さらにネットワーキングを楽しみました。

このイベントの詳細はココをクリック

12月14日(金)
FCCJクリスマス昼食会―大使館にて
伝統的FCCJのクリスマス昼食会が5年ぶりに12月14日(金)フィンランド大使館にて開催されました。そこで我々は大使のシェフによるフィンランド風クリスマス料理を楽しみました。

ペッカ・オルパナ大使が着任100日の彼の感想及び2019年日本フィンランド外交関係樹立100周年についての最新情報についてお話くださいました。

加えて、第一書記官アリ・ホンカネン氏が、2020東京オリンピックの為のフィンランドパビリオンについて説明してくださいました。そのパビリオンは大使館敷地内に建設予定です。建築家トッティ・ヘリーン氏が我々にパビリオンの概要を初めて簡単に教えてくださいました。

このイベントにメンバーおよびゲスト40名が参加、レポートは ココをクリック


FCCJ supports

Finnair supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ


MOS Tax Corporation supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

Coil Center Fujita  supports FCCJ





©1999-2019 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
Mail to Webmaster