FCCJについて 

 サービス 

 会員メリット 

 組織  

 メンバー 

 お問い合わせ 













最新版: 5月28日

 イベント  | Eメール報告  | ニュースレター  | リポート  | 経済ニュース | 貿易統計  | メンバー・リスト | 求人情報


 次のイベント
6月7日(木) 合同商工会議所サマーカクテル 、CCCJ企画
会場: 六本木ヒルズクラブ
参加費: メンバー8,500円、メンバー以外 10,000円
詳細 >>
6月23日(土) FCCJフィッシングツアー
ポート: 久里浜、神奈川県
参加費: メンバー8,000円、メンバー以外 12,000円
詳細 >>

MORE EVENTS

EVENT ARCHIVE
 最新のニュース

 5月6日(火)、チームフィンランドセミナー
EU−日本との経済連携協定セミナー
セミナー終了後、プレゼンター全員を撮影しました。
チームフィンランドはEU−日本との経済連携協定(EPA)に関するセミナーを企画し、セミナーは5月6日(火)、フィンランド大使館にて開催されました。

セミナーはユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使の挨拶よって開始し、駐日欧州連合代表部エキスパート講師として公使参事官・通商部部長であるマリュット・ハンノネン氏及びカウンセラーのメルヴィ・カーロス氏がスピーチをして下さいました。

さらに大使館一等書記官のアリ・ホンカネン氏がチームフィンランドのサービスについて説明し、FCCJ専務理事のビューステット氏が最新の外国商工会議所ビジネス調査の結果について述べ、最後にビジネスフィンランドのペッカ・ライティネン氏が活発な質疑応答の司会をされました。

このイベントには46名のメンバー及び招待客が参加し、ネットワーキングカクテル会でイベントは終了しました。

プレゼンを含むこのイベントの写真はココをクリック

 4月13日(金)、SCCJ対FCCJのゴルフコンペ
FCCJ,ストゥーラエンソカップを保持!
Stora Enso Japan's Tuomo Kuuppo (left) presents the throphy to Ambassador Jukka Siukosaari, FCCJ Vice President Veli Solehmanen, best gross Joni Santala, best net Yutaka Chiba and FCCJ President Masaoki Fujita.


第32回ストゥーラエンソカップ、SCCJ対FCCJのゴルフコンペが4月13日(金)静岡県にある太平洋クラブ御殿場ウエストにて開催されました。参加者は、晴天で暖かな春の気候の中プレーができ、また午前中はほぼ全部のホールから富士山を見ることが出来ました。

今回は37名がコンペに参加(FCCJから20名、SCCJから17名−ゲスト1名を含む)、このうち26名が日本人でした。これはこれまでの最高で、7割。

今回はFCCJチームが3連続で優勝。SCCJチームにかなりの大差で勝利し、結果は平均スコア79.5打対83.4打でした。(チームのベスト80%の平均を計算)これまでの結果、FCCJが8回多く勝っており、20勝、SCCJが12勝。

個人の優勝者は千葉豊氏(FCCJ)ネットスコア69、さらにFCCJゴルフカップも獲得しました。またベストSCCJゴルファーでありSCCJスプリングカップの優勝者は久達也氏で、ネットスコア74。

このイベントの結果は ココをクリック


 4月9日(月)−FCCJスペシャルイベント
朝食会、ヤリ・グスタフソン氏(フィンランド雇用経済省事務次官)を迎えて
FCCJのスペシャルイベントがヤリ・グスタフソン氏(フィンランド雇用経済省事務次官)を迎え、4月8日(月)午前9時〜10時にフィンランド大使館にて開催されました。グスタフソン氏は 2009年〜2013年駐日フィンランド大使でした。

グスタフソン氏は現在のフィンランド経済、ビジネス及び貿易についてお話し下さり、そしてその後にFCCJメンバーが日本経済及び日本でのビジネス環境について彼らの意見を述べました。

このイベントはユッカ・シウコサーリ大使の主催により開催され、FCCJメンバー13名が参加、その内9名は役員会メンバーでした。

このイベントの写真は ココをクリック

 4月3日(火)
FCCJ年次総会
第19回FCCJ年次総会は4月3日(火)フィンランド大使館にて開催され、46名の商工会議メンバーおよび理事会メンバーが出席しました。

総会では3月31日終了の2017年度の活動および会計収支が承認され、4月1日から始まった新年度の活動プランおよび予算案も承認されました。また新しく2名の役員会メンバー、アンナ‐マリア・ウィルヤネン氏(フィンランドセンター)及び太田純路氏(バルチラジャパン株式会社)が選出されました 。

役員会は藤田正興氏(株式会社コイルセンターフジタ、代表取締役社長)をFCCJ会頭に、また、トゥオモ・クーッポ氏、永原範昭氏、ヴェリ・ソレフマイネン氏の3名を副会頭に再選しました。

総会後、お料理を頂きながらメンバー同士で活発に討論を交わしました。

この総会の詳細および写真は、 ココをクリック

3月15日(木)、北欧合同朝食会 
ペッカ・ヴァウラモ氏、フィンエアー社長兼CEO
3月15日(木)、FCCJはフィンエアーの協力のもと、北欧合同の朝食会を開催し、ゲストスピーカーに、フィンランドの有名なビジネスリーダーでありフィンエアー社長兼CEOでおられるペッカ・ヴァウラモ氏を迎えました。 ヴァウラモ氏は、2017年はフィンエアーにとって大変成功した年で当社の歴史上最速の成長を見せ収益が11%増加し利益は前年に比べ3倍の営業成績であったことを指摘しました。フィンエアーの乗客数は1200万人、座席利用率は83.3でした。

日本はフィンエアーにとってフィンランド国内に次ぐ最大の大変重要な市場であります。この夏、日本間の運航数は週に31便で、日本航空とのデイリーコードシェア便を加えると38便。フィンエアーは運航数からヨーロッパ最大の航空会社であり、ヘルシンキはパリに次ぐ日本からのヨーロッパ第二のゲートウェイであります。

このイベントの最後には活発な質疑応答があり、FCCJおよびスウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランドの商工会議所から36名が参加しました。

このイベントの写真は ココをクリック

 2月26日(月)、北欧合同チーム作りイベント
ボーリング大会
スウェーデン、フィンランド商工会議所のメンバーらが参加する北欧合同チーム作りイベント、ボーリング大会が2月26日(月)品川プリンスホテルボーリングセンターにて開催されました。このイベントは毎年スウェーデン商工会議所が企画しており、今回、フィンランド商工会議所は5回目の参加となりました。

イベントには92名が参加し(23チーム)、2ラウンドのプレイと飲食付きのネットワーキングパーティーを楽しみました。FCCJからは8名が参加(2チーム=大使館チームとヴァイサラチーム)。

このイベントの詳細はココをクリック

 1月31日(水)、FCCJクラブイブニング
新年会パーティー、スカンジナビアセンターにて
平成30年1月31日、我々の今年最初のイベント、FCCJクラブイブニング&新年会がスカンジナビアセンターにて開催されました。

FCCJ副会頭のヴェリ・ソレフマイネン氏がまず新年の挨拶をし、さらにユッカ・シウコサーリ駐日フィンランド大使が2018年度の大使館においての活動などについてお話しをして下さり、さらに乾杯の音頭をとって下さいました。

その後、ビジネスフィンランド東アジア地域長のヤーニ・ヘイノネン氏が今年1月1日にFinproとTekesが合併し新しくビジネスフィンランドが設立された事について報告して下さいました。

この新年会にはこれまで最多の47名が参加し、美味しい料理とたくさんのドリンクをいただきながら、ネットワーキングを楽しみました。

このイベントの詳細はココをクリック

 12月7日(木)、北欧商工会議所合同イベント
楽しい第25回スカンジナビアクリスマスボール!
在日北欧商工会議所の今年最大ハイライトイベントであるスカンジナビアクリスマスボールが恵比寿のウェスティンホテル東京にて12月7日(木)に開催されました。

このホテルで2005-2009年、さらに2011-2016年にもこのパーティイベントは開催され、5つの北欧商工会議所から255名が参加しました。SCCJの参加者は150名、FCCJは38名、DCCJは27名、ISCCJは25名、ノルウェー15名でした。

このパーティーは企画委員会の挨拶から始まり、ルシア行列、また美味しいワインやその他のドリンクと共に5コースディナーを頂きながら、北欧のドリンクソング+強いお酒も楽しみました。さらに阿波踊りショーや12の価値あるくじ引きなどもあり、そこにボルボ自転車に乗ったサンタさんが現れ、くじ引きのお手伝いして下さいました。

そして最後に15年間出演している大好きなバンド「ブラッドとヒットメン」による演奏でダンスを楽しみました。

このパーティーの詳細や写真はパーティーのウェブサイト をご覧ください

 11月22日(水)ーEU商工会議所合同イベント
昼食会ー小池百合子都知事を迎えて
在日フランス商工会議所はその他13の商工会議所と合同で小池百合子都知事を迎える昼食会(11月22日)の開催を企画しました。

小池都知事はプレゼンにおいて2020のオリンピック&パラリンピックのために彼女のプランを我々に説明し、「2020年とそれ以降も持続できる都市」というテーマの元に2020には東京をグローバルハブ都市に作り上げる彼女の構想をお話下さいました。そして都知事は最後に「Let's make Tokyo great again」というスローガンでプレゼンを終えました。

このイベントには14の商工会議所から約300名が参加し、活発な質疑応答があり、受動喫煙、男女平等、さらに外資系中小企業への支援などに関して小池都知事は広範囲の返答をして下さいました。

このイベントのレポートは ココをクリック



FCCJ supports

Finnair supports FCCJ

Stora	Enso supports FCCJ


MOS Tax Corporation supports FCCJ

MOS Tax Corporation supports FCCJ

Coil Center Fujita  supports FCCJ





©1999-2018 Finnish Chamber of Commerce in Japan. All rights reserved.
Mail to Webmaster